シミ?くすみ?とにかく嫌!!

シミとくすみ対策化粧品

  • 肌がどんより暗い感じ、それが「くすみ」
  • 部分的に境界線がはっきりしてて、黒くなってきてるのが「しみ」

これで合ってるかな?たぶんこんな感じでしょう。

 

若い頃はそんなこと気にすることもなし、お構いなしに日焼けもしたし、日焼け止めも適当にしてました。

 

そのせいか、だんだんと肌の色艶も不健康な感じになってきてるし、シミも薄いのから濃いのまでいろいろあって。

 

シミもクスミもないに越したことない!
このまま何もしないときっと、数年後に後悔しそうだし。


シミに効く化粧品ランキング!

シミに効く化粧品のランキングで人気なのは、
トライアルセットがあるかどうか?

 

それは大きいですね。

シミに効く化粧品の成分で探してみる

シミに効く美白成分と言われているものも何種類かあります。医薬部外品として効果が認められているものもありますし、独自開発のもありますので、かなりの種類になるかと思います。
有名なのが「プラセンタエキス」「アルブチン」「ビタミンC誘導体」などですが、最近注目されているのが「ハイドロキン」という成分。
以前は医薬品のみに使用されていましたが、規制緩和により現在は化粧品への配合も認められるようになりました。
ハイドロキノンは効果があるという声がある反面、副作用が怖いという話しも聞きます。

 

やはり成分を理解したうえで化粧品は使うべきでしょうね。
シミに効くといいながら、それがどの成分なのかを知っておくことで、自分の肌にはどの成分が効くのかが分かってくるからです。

シミに効く化粧品といえばハイドロキノン

皮膚科でも採用されているほど人気な成分といえば、「ハイドロキノン」でしょうね。
シミに効く化粧品に配合されているのが今は普通になりましたが、以前は化粧品へ配合することができなかったそうですね。
安定していないからってことで。

 

それはさておき、ハイドロキノンの何がシミに効くのか?
プラセンタやビタミンCも確かにシミの予防には役立つかもしれませんが、すでに沈着しているメラニン色素にまで働きかけるとなると、ハイドロキノンとかになってくるんですね。

シミに効く化粧品の前のシミ予防

すでにシミが出来てしまってる女性にも知っておいてほしいことがあります。
もちろん、まだお肌がキレイな女性の女性にも。

 

シミが出来る前に予防するほうが良い

 

ということです。
なんだ当たり前じゃないかって思うでしょうけど、一度出来るとなかなか改善できないのが肌トラブルです。

 

これはある種の習慣です。
お肌のキレイな女性は、食生活や睡眠もその他の生活習慣も充実させているので、健康的だし肌はキレイし、情緒も精神的にも落ち着いていたりします。

 

シミのことだけを考えるより、もっと広く、自分に投資する気持ちで取り組めば、とても楽しいんですよね。

ストレスは肌にも体にも大敵!シミが増える前に

一切ストレスがない人間はいないでしょう。
人がストレスを感じすぎるとどうなるか、個人差はあるでしょうけど、体で活性酸素が発生します。
そして、メラノサイトを刺激してシミを発生させてしまうこともあるようです。

 

ビタミンCはシミに効くと言われていますが、大量の活性酸素は、シミを消費してしまうので、シミがどんどん増えていく可能性も出てきます。

 

過剰なストレスが体内に及ぼす影響は途轍もないのですが、ストレスがシミの原因になるということも知っておきましょう。
ストレスを溜め込まないようにというのは簡単ですが、実際は、いろんな事情があって、ストレスを溜め込むこともあるでしょう。

 

もし、カラオケなり食事なり友達との会話でストレス解消に努めることが出来るならそれでいいでしょうし、それが無理なら、積極的にビタミンCが入ったドリンクを飲んだり、逆に、「今私はシミの予防をしてて心地いいんだ♪」みたいな感じで、少しリラックスしてみるのもいいでしょうね。

 

気の持ちようって大事ですから。

シミに効くピーリングジェル化粧品でターンオーバーを早める

シミ対策というといろんな方法がありますが、その一つが基礎化粧品をうまく使うこと。
といっても特に新陳代謝を活発にすることを考えたものを使うことがあります。

 

いわゆるターンオーバーというものですね。

 

肌の生まれ変わりを促してあげるのがいいようです。
お肌というのは常に古くなった角質が剥がれ落ち、新しいのがでてくるのを繰りかえすわけですが、このサイクルというのは若い頃と、今の自分ではスピードが違うそうなのです。
つまり新陳代謝が悪くなってる状態ということですね。
これがどういうことかというと、紫外線を浴びたりしてメラニン色素が発生しても、若い頃は、肌の生まれ変わりサイクルにより排出されていたのに、だんだんそのサイクルが遅くなって、うまく外に出せないと。
それがシミの原因の一つということなんですね。
若い頃って、何だかんだで外で、特に夏は日焼けしてましたが、シミは見当たりませんでした。
そして、この年になりシミに悩むことになるとは思っていませんでしたからね。そこで登場するのがピーリングです。
ターンオーバー関連のことを調べてるとだいたいでてきます。
ケミカルピーリングとも呼ばれてますが、いろんな酸を使うわけですので、ちょっとピリってしたりもあります。
私が使ったジェルはそういうことはありませんでしたが。合わないこともあるので、誰にでもおすすめというわけではありませんが、使ってみるとその気持ちよさが分かることと思います。

 

もともと乾燥しやすいのですが、その場合は気をつけたいのは保湿のことですね。きちんと保湿をしてないと、ピーリングだけしてても、余計に乾燥する可能性もあるわけです。
シミに効く保湿ケアとして書きましたが、保湿もシミには大切な対策ですからね。

シミに効く化粧品はある?ない?効果への意見

シミに効く化粧品と薬事法がどうのこうの

できてしまったシミに効く化粧品、つまりシミを消す化粧品は存在しない。
もしそういのがあったら薬事法違反だのなんだのって書いてる人がいますね。

 

もちろん、シミが消えますって効果を書いて化粧品として売ることは出来ないでしょうけど、何らかの効果、薄いシミが消えるくらいの効果があってもおかしくないとおもうけど。
どうも断定的に書いてる人が多い気がする。

シミに効く化粧品は予防のためだね

シミに効く化粧品といっても、あくまで予防効果しかないという意見は確かにあります。
医薬品であればシミに効くかもしれないが、化粧品や医薬部外品であれば、あくまで予防のためということになってしまうということですね。
確かに、出来てしまったシミに効くということは、かなりハードルが高いですよね。
予防ためというなら、ビタミンCだとかプラセンタだとかいろんなのがあるんだろうけど、どれが効いてるのか分からないから難しいんですよね。
すでに出来てしまった濃いシミを化粧品だけで消すことは不可能だと思う。

シミに効くハイドロキノンの効果について

シミに効く化粧品を探したことがあるなら、ハイドロキノンは知ってるだろうね。
あまりにも有名だし、私がよく行く皮膚科でも取り扱っているはず。
ハイドロキノンって一言でいっても、何パーセントのものかによっても効果も違えば、副作用も違ってくる。
まずは自分の肌に合うかどうかが大事だから、もし皮膚科でハイドロキノンの取り扱いがある医院が近くにあるなら、まずはそのほうがいいかもね。
痛みや痒みが出たり、赤みが出たりといった作用は時々あるみたいだから。

飲む日焼け止めが常識に変わる日が来る

私の知り合いで年の割りには相当肌がキレイなって女性がいます。
なぜそこまで肌がきれいなのか聞くと、特に食事も普通だし、コスメも高いのを使ってるわけじゃない。
ただ、日焼けに関しては、かなり徹底して予防に努めてるとのこと。飲む日焼け止めがブームになっているみたいだけど、それが当たり前になる時が来るのかもしれません。
日焼けが怖いのは、すぐにシミにはならないってこと。何ヶ月か、何年か分かりませんが、忘れた頃に肌老化となって返ってくるんです。
もしかすると、高価なコスメを買うより、紫外線をカットするほうが、美肌へは近道なのかもしれません。

シミに効く化粧品
美白化粧品ともいいますが、メラニンを抑制するものが中心です